INFINITI(インフィニティ)や他海外輸出仕様にUSDMパーツで国産車をカスタム!

INFINITI(インフィニティ)M35に日産Y50フーガ後期型を無加工でUSDMスマートカスタムをしよう!

INFINITI(インフィニティ)M35に日産Y50フーガ後期型を無加工でUSDMスマートカスタムをしよう! はコメントを受け付けていません

日産のフーガと言えば日産セダンの代表的な車ですが、

スポーティーさと重厚感を兼ねそろえた

すばらしい車です!

こちらの日産Y50フーガは輸出仕様のINFINITIネームはM35となります。

エンジンによってはM45だったりもしますが、

いずれにしろ輸出仕様のINFINITI M35は

海外ではベンツと並ぶ高級車扱いになっております。

金額もそれなりにベンツ、レスサスと同様で高額プライス設定です。

dsc_09552

今回は日産Y50フーガ後期型のINFINITI化について説明致します。

まずは日産フーガ後期型は

450GT 350GT TypeS
●Y50系  ●平成19年12月から21年10月(後期型)です。

こちらは輸出仕様の

INFINITI M35 M35S M45 M45S

2008年から2009年モデルと同様ですので

USDMカスタムする場合はこちらの年式のパーツを

セレクトすれば基本的に無加工で取り付け出来ますので

参考にして下さい。

まずはフロントエンブレム!

こちらは純正品のUSDMパーツを使う事により、

無加工で交換が可能ですので、

あなた自身で交換が可能です!

使うエンブレムはこちら↓

71DCOZmzv2L._SL1500_

金額はネットで4,000円前後で購入が可能です。

ちなみに購入サイトはこちらです。

まずは現在付いている日産エンブレムを外します。

ボンネットをあけて、

フロントエンブレム裏側に手を入れてアクセスします。

エンブレムは2つのツメではまっているだけですので、

工具などは必要なく、エンブレムの裏に手を入れ、

左右のツメをおこす感じで、

前方方向へ押し出せばスポッと外せませます。

下記の写真はインフィニティエンブレムの裏側部分ですが、

日産エンブレムと裏側の構造は同じですので、

ツメの位置を確認して頂けると思います。

内側の左右のツメの先にロックされるツメがありますので、

それを内側に押し込む感じで前から外すようにして下さい。

62890EJ70B_3

日産エンブレムが外れれば、

後は

INFINITI(エンブレム)USDMパーツを差し込むだけです!

これでフロントはINFINITI M35 M45同様にカスタム完了です!

2008_infiniti_m45_sedan_base_fq_oem_1_500

ちなみにフーガ後期用はとは

★日産 Y50フーガ
450GT/350GT/250GT/Tタイプ(XVグレードは不可)
平成19年12月~平成22年)になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ運営者



以前は輸入車が好きでしたが、国産車の素晴らしさに改めて気づきUSDMパーツを使ったカスタムが最近のお気に入りです。こちらのブログで輸出仕様車カスタムの情報を発信しております。よろしくお願いします。Kimitoshi Hoshino

RSS 世界のINFINITIニュース!

  • エラーが発生しました。フィードの配信が停止している可能性があります。再度お試しください。